制御盤海外規格

工業炉メーカー【欧州CEマーキング、IEC/EN 60204-1規格対応】

クライアント
化学業界・工業炉
ご依頼内容
欧州CEマーキング、IEC/EN 60204-1規格対応
ご相談の背景

ヨーロッパの化学メーカー向け工業炉の開発に際し、装置でのCEマーキングのための規格対応をご要望されていました。電気設計の要求規格はIEC/EN 60204-1でした。またヨーロッパ向けではEMC対策を必須とするため、ノイズ対策も一定以上の水準を満たすことという要求仕様でした。
装置納入後のメンテナンス時の入手性を考慮した予めの部品選定、機内配線時の資材の選定、自己宣言のための制御盤の資料の準備(クリティカルパーツリスト、PL計算の根拠など)、シーメンスのPLC・HMIのソフトウェア設計をご要望されており、設計時からその部分を総合的にサポートできる制御盤メーカーをお探しでした。

当社の対応
本案件は初回の設計・製作を実施したのち、容量・軸等の増減の異なるバリエーション機の制御盤設計・製作を複数回ご発注頂きましたが、初期設計の要求はとても高い難度でした。 特に1,000Aを超える大電流の分岐・遮断を適切に行うこと、動力と制御の分岐をすること、その他タップルールを無視しないことを念頭に置いたフィーダー回路の設計をしました。 部品はシーメンスを基軸とした欧州の機器メーカーの制御機器の中でも入手性の良いものを選定しました。装置の特性から、機械装置安全への高い要求度をクリアするためのパフフォーマンスレベルの達成の必要もありました。安全回路の構築後のSISTEMAでの検証も行い、安全の根拠の明確化も実施しました。 複数回のバリエーション機で都度ハード、ソフトウェアの設計を実施しています。ソフトウェアでは年々バージョンアップするシーメンスの機器(PLC、HMI、INVなど)や他の新しい制御機器への知識の追従も大きな課題となりましたが、そちらもクリアしプロジェクトを完了しています。 また、装置の規模が大きいことから国内での試運転調整ではなく現地での試運転調整の比率が大きくなりましたが、そちらも現地におけるサポートも実施し装置の稼働確認まで対応いたしました。
ポイント
  1. ●UL 508Aに基づく制御盤の設計根拠と、IEC/EN 60204-1の要求事項を合わせた盤設計をし、それにより欧州規格をクリアしています。
  2. ●Siemensのソリューションパトナーでもあり、PLC、HMI(タッチパネル)の設計から、インバーター・サーボなどのドライブの調整まで対応可能です。
  3. ●ISO 13849-1の要求する安全カテゴリ3、4を満たす安全回路の構築が可能です。
  4. ●欧州機械指令の要求する技術ドキュメント(マニュアルの作成指導、安全ブロック図の作成指導など)の作成サポートも実施可能です。
  5. ●欧州の自己宣言(DoC)または認証(CoC)における、認証機関(TUVラインランドジャパン、SGSジャパン)の手配、試験・審査、その際の受け答えの代行などの技術支援が可能です。
使用製品・サービス

Siemens、RITTAL、IDEC、Weidmüller、LAPP、Icotekなど