FAシステム品質向上農畜産・食品製造

UL規格対応・制御盤設計製作ソリューション

はじめてアメリカへ機械輸出を行う企業の
UL規格に対応した制御盤の設計製作をサポート

業種
農畜産・食品業
ソリューション
品質向上
システム
FAシステム

事例の概要

導入の背景

食品系検査装置メーカーN社では、「生産ラインの一部として組み込まれる動力を含む検査装置」をアメリカに輸出する際、装置としてANSI/NFPA 79(*1)のフィールドラベル(*2)を必須としていた。

アメリカへの機械輸出が初めてであること、アメリカの機械に対する規格は勉強中であること、訴訟社会であるが故のPLなどの法制度等々、さまざまなリスクを考えていた。

そこで、最も重点的に審査を受ける制御盤に対し、UL 508A(*3)への規格対応をすることを希望していた。

  • *1:ANSI/NFPA 79:米国国家規格協会(American National Standards Institute:ANSI)が定める工業用機械装置の電気規格。あくまで最低基準であり、本規格とそれが参照する規格に100%適合していることが必要とされる。
  • *2:フィールドラベル:納入先の自治体(州・群・市など)の納入先工場に限って有効な認証ラベルを発行する制度。納入する自治体により採択する規格の年度、装置だけではなく、制御盤への認証ラベルが必須になるが対応方法が異なる。
  • *3:UL508A:アメリカ保険業者安全試験所(Underwriters Laboratories Inc.:UL)が定める産業用の生産設備の制御盤に対する規格であり、世界で最も難解な電気規格の一つ。
導入ソリューション
  • 装置側に取り付けられる遮断機などを加味したSCCR値(*4)の推定を加味した電気設計
  • コンビネーション認証を持った機器の選定
  • NFPA79に基づく機械装置安全コンサルの実施
  • セーフティ機器の選定
しかし筐体の大きさの決まっている中、ユーザーからFCCに対する追加的要求事項も途中だったが、そちらへの対応も大きなハードルだった。動力分岐の最適化などを行うことで課題をクリアし、最終的にUL 508Aの認証ラベルを貼付した。 *4:SCCR値(Short Circuit Current Rating):短絡電流定格値であり、アメリカではメインブレーカーから末端の端子台にかけ、短絡電流に耐えうる電気設計をする必要がある。
導入の効果
提案のポイント
  • ●IDECファクトリーソリューションズはUL 508Aに沿った制御盤の設計・製造を行い、出荷する制御盤に対して自社でその認証ラベルを貼付することが可能。
  • ●米国では認証ラベルのある製品は装置稼働前のAHJ(*5)による検査が免除になり、ユーザーが加入する装置の火災保険料が割安になる。
  • ●ANSI/NFPA 79に応じた装置安全のコンサルティングもIDECファクトリーソリューションズは実施可能。
  • ●ANSI/NFPA 79・欧州機械指令の要求する技術ドキュメントの作成サポートも実施可能。
  • ●UL 508Aの自社認証が実施可能な設計ノウハウを持つため、米国のみならずEN 60204-1をはじめとする欧州規格、中国のGB 5226.1など、ワールドワイドな海外規格をクリア可能。
  • ●装置全体でのフィールドラベル規格関連業務のエキスパートの在籍するIDECファクトリーソリューションズに依頼する場合、結果的にスピーディな海外規格への対応を実現できる。
使用製品・サービス

制御機器類

  • 共有

Related Case Studies関連するソリューション事例

  • FAシステム

    UL規格対応・制御盤設計製作ソリューション

  • 社会・インフラ

    ビニールハウス農業制御(ハウス制御、灌水制御)ソリューション

  • ロボットシステム

    梱包工程の箱詰め自動化ソリューション