工場内外のあらゆるものがネットワークでつながる時代
そこから生まれる新たな価値を、次のビジネス成果に

  • 創業以来、私たちの主幹事業であるFA(ファクトリーオートメーション)事業。FAとはその名の通り、工場における自動化のことです。

    時代とともに移り変わる自動化の課題ですが、近年その重要な鍵を握るのがデジタルテクノロジーです。その急激な進化により、FAにもこれまでにない大きな変革の波がやってきています。

    そのきっかけの一つとなったのが、2011年にドイツで提唱された「Industry4.0」です。工場内のあらゆるものがインターネットでつながることで、リアルタイムで「データ」が集められ、人の行動や機械の稼働状況・履歴が「見える化」され、常に最適な生産を追求することを可能にするという考え方です。

    これを契機にFAは、いわゆる「スマートファクトリー」と呼ばれる、マスカスタマイゼーションを実現する新たなステージに突入しました。

制御機器メーカーとしてグローバルに展開するIDECグループの一員として
FA分野でハード/ソフトが一体となったシステムインテグレーションを推進

  • 私たちのFAシステム事業は、こうしたデジタル化の大きな流れの中で、制御機器のリーディングカンパニーIDECグループの一員としての優位性を活かすと同時に、「つながる」ことにおいて最先端技術を有するシーメンスやHMSとも連携。

    常に最新のデジタルテクノロジーをキャッチアップし、お客さまのニーズに対応したFAシステム開発に尽力してきました。

    これからもFAのさまざまなシーンで、ハードとソフトが一体となった高付加価値のIoTソリューションを提供していきます。

電気設計CADの世界標準、EPLAN導入

  • また最近では、電気設計CADの世界標準であるEPLANを導入。

    EPLANの最大の特長は、設計だけでなく、設計から製造、メンテナンスまで、すべてがデジタルデータでつながったエンジニアリングを可能にすること。

    この先、お客さまや協力会社とのデータ共有により、設計から製造までのサプライチェーン全体をデータで一元管理できる体制をダイナミックに展開、より効率性の高いものづくりを実現していきます。

    詳しく見る

海外向け「UL508A」規格をクリアした制御盤設計・製作を実現

  • UL規格は、アメリカの認証機関「Underwriters Laboratories Inc.」(アメリカ保険業者安全試験所)が策定する規格で、世界で最も影響力のある安全規格のひとつとして知られています。

    企業が海外展開を検討されている場合、UL規格が購買条件となるなど、規格が一つの壁となる可能性がありますが、当社では、UL規格への対応を検討されているお客さまや海外展開を検討されているお客さまに対して、工業用制御盤に関するUL規格「UL508A」をはじめ、UL規格をクリアした設計・製作を実現しています。

    詳しく見る

2021年春、弊社のデジタル技術を実装したIoT工場が竣工

  • この春、私たちの念願であった新工場が稼働を開始します。

    これまでの工場と比べフロア面積を3倍ほどに拡張。さまざまなシステム案件や制御盤の製作に迅速かつ柔軟に対応できるほか、設計から出荷まで、あらゆる工程に私たちが持つ最先端の技術を実装します。

    それだけにとどまらず、この新工場では日々の製造により積み上げた経験値を、お客様の自動化ソリューションへの提案に反映していきます。

    いわば新工場は、私たちの提供するソリューションのショールーム的な存在でもあります。

〈システム開発実績〉

  1. ・工作機械、金型装置などの予兆管理システム

    ・PLC(三菱、シーメンス等)の遠隔監視システム

    ・処理工場における自動トレーサビリティシステム

  2. ・工場の搬送炉制御システム

    ・EPLANによる電機設計力と設計生産性の効率化

Products & Services関連する製品 & サービスを見る